将来の仕事は何?

就職活動は、高校なり大学を卒業する時から始まります。
小学校あたりの時に、将来何になりたいですか?
という質問は必ずあります。
その回答は、スポーツ選手、お花屋さん、ケーキ屋さんなどが主ですが、だんだんと学校の先生、公務員など現実味が帯びてきます。
何が好きか、何が得意か、何かしたいかということで、就職ができれば良いのですが、現実はそうではありません。


大学進学あたりで、将来になりたいものとなれるものがハッキリとしてきて、就職活動が始まるとなんでも良いから正社員になれれば良いと思ってしまうのがほとんどです。
ですから、そうならないようには、早くから就職活動をターゲットとしておくことが大切です。
何になりたいというものの中で、スポーツ選手であれば極めるものが決まってきます。
そうではなく、具体的な職業があれば、それに向かって行くだけです。
簡単なのは医師で医大、看護師で看護系の学校、美容師など専門職になりたいというのは容易にできることです。


とは言え、実際の就職活動においては、なりたい職業が大きく外れて、なれそうなもの、できれば避けていた職業にまで手を広げることになります。
学生の時に資格を取りまくって、良い方向に向かう努力をするというのも一つの手ですし、それに合うアルバイトをしておくのも良いでしょう。
就職活動をする段階で、何になりたいか決めておけばよかった、何ていう方がほとんどです。
これが現状ですが、そこからでも遅くないですから、なりたいものはしっかりと見つけておくべきです。


[外部リンク]
就職活動をする際に参考に出来る求人サイトです >>> 就職

Copyright © 2014 就職とアルバイト All Rights Reserved.